ブログ

ナイフで脅され、片手を掴まれた時の対処法

久しぶりの投稿です。

今回は護身術にも応用できる

初伝 二か条 手刀詰めです。

 【合気の勉強にお勧めの書籍、DVD】

*武田 惣角について

武田そうかく11大東流

 ・DVD 大東流合気柔術 1 松田敏美伝 練心館秘伝奥義 著者 高瀬 道雄

*その他、武道、格闘技

空手1

空手!極意化へ道 どうすれば、いつまでも武術として使えるのか−

格闘技1

格闘技がわかる絵事典 国が変わればルールも変わる! 古武道から総合格闘技まで

広告

パンチ攻撃と合気技

合気技は主につかみにきた相手に対しての技が多いですし、実際の喧嘩では日本人は掴みかかってくる方が多いです。

ただ、中にはパンチで攻撃してくる相手もいます。

その時も合気技は有効です。

まずは動画をご覧ください。

いかがでしたでしょうか?

この技は上級者向けなので、真似しないでくださいね。責任、とれませんから。

組み手のような稽古を膨大にこなしてできるようになります。

稽古する際は最初はゆっくりと、安全に留意して行ってください。

ではまた。

 

 

 

肩落とし

今回は「初伝 一か条 後捕り 肩落とし」です。

後ろから首と頭部を絞められた時の返し技です。

ますは字幕をオンにして動画をご覧ください。

いかがでしたでしょうか?

この技のポイントは、即座に反応することです。

完全に絞められた場合は、別の応用の技に移行します。

この技は世界の軍隊の徒手格闘戦にも採用されている有名な技です。

護身術にも応用できますね。

ではまた。

 

抱締捕り

今回は「初伝 一か条 居捕り 抱締捕りです。

まずは動画をご覧ください。

いかがでしたでしょうか?

主に柔道のように掴まれ、倒されそうになった時の技ですが、護身術としても使えます。

最初はゆっくりと稽古してください。

ではまた。

 

 

逆腕捕り

久しぶりに体術に戻ります。

今回は合気柔術「 初伝一か条 居捕り 逆腕捕り」というものです。

まずは動画をご覧ください。

いかがでしたでしょうか?

基本中の基本技ですが、できるようになるととても便利です。

はじめは掴みから、慣れてきたらパンチ、最終的に刃物へと移行していきます。

くれぐれも安全に留意して稽古してください。当方では一切の責任を負いません。

ではまた。

 

琉球武術二刀流と日本剣術二刀流

二天一流の方、申し訳ございません。

見よう見まねで稽古してみました。

今回は琉球剣術二刀流と、宮本武蔵が興した剣術、二天一流の二刀流を稽古してみました。

まずは字幕をオンにして動画をご覧ください。

いかがでしたでしょうか?

我ながら恥ずかしいですね^^;

正式に二天一流で稽古したわけでもないのに、勝手に解釈してすみません。

合気柔術にも二刀流があり、「合気二刀剣」と呼ばれています。

秘伝中の秘伝で、大東流でも習った方は相当、少ないそうです。

もちろん、私のような駆け出しは習えるはずもありません。

いつか上達して、是非、習いたいと思います。

ではまた。

 

 

剣術捌きを応用した四方投げ

今回も引き続き、剣術と体術の関係です。

今回は「大日本帝国剣道形7本目」から引用しました。

まずは動画をご覧ください。字幕をオンにして見てくださいね。

 

いかがでしたでしょうか?

面打ちにきた相手の胴を斬る動作が、合気道や合気柔術の技である「四方投げ」の基本になっていることがお分かりになると思います。

ではまた。

 

剣術の切り落としと体術の入り身

今回は剣術と体術の密接な関係です。

よく合気道や合気柔術は剣術の理合いからきていると言われています。

私も最初は意味がわからなかったのですが、剣術を習うようになってだんだんと意味がわかってきました。

まずは動画をご覧ください。

いかがでしたでしょうか?

剣術の踏み込みがそのまま、体術の踏み込みに応用していることがおわかりになると思います。

なお、稽古には安全に十分に留意して行ってください。

ではまた。

合気拳法・肘打ちから古流合戦白兵戦のプチ再現

今回は合気拳法という、合気柔術で使う当身技の中から、「肘打ち」そこからの側面入り身、応用技、最終的に捕手で武器を持った相手を倒す技を動画で紹介します。

動画の後半で、木刀で襲ってきた相手の動きを止め、腰帯に指していた相手の脇差し(小太刀)を奪い、それで相手を倒す技が収録されています。

この技は、甲斐の武田信玄軍の将兵が、鎧や武器を装備していない休憩中などの時に、敵の襲撃にあった際に使っていた白兵戦技を応用しています。

「武田の1本捕り」と言われたこの技は、大東流合気柔術、さらには、合気養成の前の段階の大東流柔術の代表的な基本技と言われています。

大東流は1本捕りに始まり、1本捕りに終わる、とも言われているそうです。

初伝一か条・居捕りと立ち合いも1本捕りから始まっており、基本技だけにその後の様々な技の核となる要素が凝縮した技だと感じています。

初伝が奥伝でもある、と習いました。

私も最初の頃は、その意味がわからなっかたのですが、ここを軽視して自己流で二か条や三か条、四か条を練習しても、上っ面をはねただけの意味のない稽古になり、本当の威力を発揮しません。これは私の体験からも言えます。

初伝1か条は合気柔術を使う体造りでもあります。1か条をしっかり稽古して、充分に体を造って、その上の高度な技群に段階的に稽古していく体系になっています。

実に合理的で優れた稽古体系だと思います。

さて、動画の最初に登場する合気拳法ですが、これは合気柔術を習得する上で欠かせない基本鍛錬でもあります。

合気拳法を地道に稽古していくと、合気柔術の体の使い方、呼吸、タイミングが感覚で少しずつ理解できるようになってきます。

なおかつ、実戦でも多いに役立つ実践技です。

次回も、合気拳法を基本に、技の展開を紹介していきたいと思います。

http://www.infotop.jp/click.js
弓道上達の極意~的中率アップの練習法~【筑波大学体育会弓道部部長 松尾牧則 監修】

http://www.infotop.jp/click.js
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~ 【世界選手権2階級制覇・五輪銅メダリスト・筑波大学柔道部副部長 岡田弘隆 監修】DVD2枚組

「ブラック企業で働くくらいなら自分で月収30万円は確実に稼いだ方がいいじゃん」http://www.jitakukasegublog.wordpress.com

女性の護身術にも応用できる合気柔術技・立襟捕り

今回は女性の護身術にも応用できる合気柔術技です。

合気柔術では「後捕り」といい、後ろから襲撃された場合の返し技が多数あります。

今回はその技の一つ、「立襟捕り」。

本来は後ろから襟首をつかまれて引っ張られた時の対処法です。

女性の場合は髪を後ろで結っている部分を引っ張られて引きずり倒されるという事例がありましたので、それにも対応できるようにしました。

詳しい解説は動画の字幕で説明されています。

もちろん、日ごろから稽古しておかないと、なかなか、とっさにこういう技はできないものですが、知識として入れておいてください。

御覧頂いてありがとうございます。

↓【ガマン無しでひと月マイナス3キロを目指す】インターバルダイエットは下のリンク↓

http://www.infotop.jp/click.php?aid=337758&iid=68427

【代引き版】◆最新作◆皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修「HIRAKU UP」(ヒラクアップ)は下のリンク↓

http://www.infotop.jp/click.php?aid=337758&iid=65983